こんにちは、奈良県の外壁塗装専門店 ペイントリーフ白政です。
いや~また一気に寒くなりましたね。

春はまだ先です・・・

こんな日は、お家で鍋でも食べたいのですが、
実は私、鍋が嫌いなんです。

理由として、自分はどれだけ食べたらいいのか?
早く食べないとなくなりそうだ!

なんて、独占欲が非常に強いので鍋があまり好きではありません。
出来れば一人鍋がいいな~なんて・・・

さてさて、奈良市のK様邸で外壁塗装をしているのですが、
軒天がめくれてしまっています。

通常は、この部分にクリヤーを掛けて艶をだし、
綺麗に仕上げるのですが、今回はそうもいきません。

軒天が木の場合、かなり汚れていてどうしようもない場合は、
塗りつぶしてしまいますが、キレな時はクリヤーで仕上げます。

軒天を塗装する時には軒天の材質を調べる事です。

通常、外壁と軒天の材質は違う事が多いので、
その材質に適した塗料を使用します。

つまり、外壁の塗料で軒天は塗装しない事です。

また、軒天を塗装する時は外壁と違う色で塗装すると、
見栄えがよくなります。

例えば、外壁の色が濃い色では軒天の軒天の色を明るくすると、
お家全体が明るくなります。

一度、自分のお家の軒天もチェックしてみて下さい。

さて、K様のお宅は軒天を張り替えないといけない状態ですので、
ペイントリーフ協力会社の大工さんの出番です。

張り替えとは、通常、木の軒天は薄い木の単板で作らているので、
剥がれてる部分をめくり、新しく張り替えます。

張り終えると塗装をしてます。

K様邸の外壁は、この軒天工事が終わってからになり、
まずは大工さん待ちにまります。

PS

この度、ペイントリーフのショールームを検討していますが、
かなり現実味が出てきました。

昨日、施工管理の吉谷と話をしていたのですが、
あふれんばかりの良いアイディアを出してきました。

なんだかうれしくなって、早く作りたいと思い
自分でも「にやにや」しながら構想を練っていました。

でも、第一に考えている事は、お客様が気軽に入れる店にしたいので、
十分な広さや、展示スペースも考えないと行きません。

いや~まだ少しかかりそうですが、何とか今年中には、
と、考えています。

PS2

いまだに、インフルエンザが大流行しています。

ペイントリーフの職人は、誰もかかって否のですが、
なんせ職人さんはすぐに我慢するので・・・

高熱があっても仕事に出てきます。

そのやる気は大切なのですが、体が資本の仕事なので、
もうちょっと自分をいたわってほしい所です。

他の人にもうつりますしね^^

IMG_5378

お名前※必須
電話番号※必須
メールアドレス
ご希望のご連絡※必須