こんにちは、奈良県の外壁塗装専門店 ペイントリーフ白政です。

本日は、外壁塗装前の下地処理を行いましたが、
下地処理という工程は本当に大切です。

ただ、クラック(ひび割れ)をコーキングなどで埋めるだけではなく、
ペイントリーフではほとんどの職人が左官工事も出来るので左官工事も致します。

もちろん、大規模になれば専門の職人さんにお願いするのですが、
外壁のクラック処理は大得意です^^

ひび割れがひどいところは、特殊な技法を用いて下地処理をするのですが、
ここまでしないと、本当の下地処理とはいえません。

ベテランの職人が若い職人にしっかりと下地処理の工程を指導し、
今ではほとんどの職人が下地処理の達人です。

どんな下地処理をするかは、お見積りを取ってからのお楽しみ^^

 

DSC_0110